venenatum’s blog

読書、映画、ゲームなどについて書きます

【読書感想】すごい心理学のレビュー


「本気でお金を稼ぎたいなら心理学を勉強するべき」

「欧米では心理学は理系」

人生で大切なことはすべて書店で買えるにこのように書かれていました。

 

venenatum.hatenablog.com

 

そんなことから、昔一瞬興味を持っていた心理学にもう一度触れてみようと思いました。

この本は「もっとすごい心理学」「さらにすごい心理学」という続編も出ているシリーズみたいで、人気ありそうだと思い、選んでみました。

 

 

筆者の内藤さんは、心理学の専門書は難しすぎるし、簡単な本は怪しいものが多いと感じたらしく、

これらのバランスを取って、心理学に興味を持ってもらえるような本を作りたいと考えたそうです。

そこでこの本は、内藤さんが面白いと思った研究を短く簡単に紹介するといった構成になっています。

なんとか効果とかいった難しい言葉はあまり出てこない本なので、知識がなくても読みやすかったです。

 

その中で僕が興味を持ったものを3つ紹介します。

 

①身体的な辛さは精神的な辛さにもつながっているので、重い荷物を持つと気分が落ち込む

僕はリュックめちゃくちゃ重いタイプなので反省して荷物を減らそうと思いました。

 

② 両手の指を組んだ時にどちらの親指が上になるかで脳のタイプがわかる

右手の親指が上に来たら左脳型(論理)、左手の親指が上に来たら右脳型(直感)だそうです。

自分は左手だったのであれって思いましたが、左利きは逆になるみたいです。へぇ〜。

 

③ 人は自分と同じ名前、似た名前を好む

人は自分が大好きだから自分に似たものは好きになるそうです笑

 

面白かったので続編も読んでみようと思いました。

僕みたいな、心理学全然学んだことはないけど興味はある!みたいな方におすすめだと思います。