venenatum’s blog

読書、映画、ゲームなどについて書きます

【読書感想】短く深く瞑想する法: 最高の「休息」と「気づき」を得るマインドフルネス入門 のレビュー【吉田昌生】

瞑想って体にいいってよく言われてますよね。

僕もちょっと前に「瞑想始めよう!」と思って、

10分間瞑想みたいな本を読んで実践してみました。

しかしまあ効果を実感する前に続かなくなりましたね。

 

そういった中で、以前大阪にある正和堂書店さんに行った際に偶然この本を見つけ、

もう一度挑戦してみようと思って買いました。

 

 

 

 

この本は「どの本よりも易しくてどの本よりも優しい瞑想の本」

を目指して書かれたそうです。

それを聞いて、なるほどこのタイトルなのかと納得できました。

ちなみに筆者は世界38カ国を回って瞑想やヨガを研究、実践したそうです。

 

方法としては本当に簡単で、

目を閉じて1分間呼吸の感覚に意識を向ける

というだけだそうです。

 

より深く瞑想するためには、

調身:姿勢を整える

調息:息をゆっくり吐く

調心:呼吸の感覚に注意を向ける

といったことを意識すると良いそうです。

 

その過程で、肩が凝っている、何を食べよう、明日楽しみなど、

自分の内面に起こっていることに気づく力が高まるそうです。

「無意識の意識化」という言葉で表現されていました。

 

これを読んで、ん?と思う方もいるかも知れませんが、

瞑想は無心になるものではなく、気づきを得るものなんですね。

「今ここ」に集中する、マインドフルネスな状態になることで、

・ストレス軽減

・よく眠れるようになる

・心が安定する

・集中力が上がる

・共感力、コミュニケーション能力が上がる

といった効果が得られるそうです。

 

10分間瞑想は続けることができなかった僕ですが、

1分間ならなんとかできそうだと思っています。

この本を買って約1ヶ月、

思い立ったときに実践してはいます。

まだ効果などは実感できていませんが笑

もし皆さん実践してみて、なにか変化があったりしたら教えて下さい!